酵素ドリンクの効果はダイエットだけではない!新しい酵素摂取法でもある

酵素ドリンクの効果はダイエットだけではない!新しい酵素摂取法でもある

酵素ドリンクによる置き換えダイエット法は、すでに数年の実績があり、確実にダイエットが出来る、多くの方に受け入れられたダイエット法として、どなたにもお勧め出来ます。

 

 

食事の代わりに酵素ドリンクを飲んでダイエットをするこの方法が、今日のように広く受け入れられているのは、その減量効果によるところがもっとも大きな理由ですが、同時に見逃せないのは、合理的なダイエット法であるため、無理無駄がないことも大きな理由です。

 

 

酵素ドリンクによる置き換えダイエット法の優れた合理性とは、なんと言っても空腹感を覚えたら、いくらでも酵素ドリンクを飲んで構わない点にあります。飲むことで空腹感を紛らわせることが出来るため、飢餓感に悩まされることがないため、ダイエットに伴いがちな強烈なストレスを緩和できますから、結果としてリバウンドが起こりにくくなり、ダイエットを成功に導きます。

 

 

そして、こうした酵素ドリンクの運用面でのメリットに加え、酵素ドリンクを飲むことには、もう一つ体にとってとても大きな意味があります。

 

 

酵素は、人間が生きていく上でなくてはならない成分ですが、体内で生産される量は、一生を通じて決まっているといわれています。

 

 

しかも、その生産量は加齢と共に少なくなることも、最新の研究で分かってきました。

 

 

酵素がダイエットと関わる重要な働きとしては、食べた物を代謝する力をアップさせ、脂肪を燃焼させやすくすることで、減量に結びつけることです。ところが酵素は扱いの難しい成分です。まず熱に弱く、50℃程度に加熱しただけで死活すると言われています。

 

 

酵素を比較的多く含む食べ物としては、野菜が上げられますが、酵素のこの熱に弱い性質から、生で食べなくては摂取が出来ません。生野菜を大量に食べることは案外、簡単なことではありません。それで普通の食生活では、必要な酵素量をなかなか摂り切れないのが現実です。

 

また、酵素には独自の苦味と臭気があり、とてもそのままで、口にできる物ではありません。

 

 

元来、日本人が不足しがちな酵素を取り入れる方法として食してきたのが、漬物です。漬物なら、野菜は生で利用しますし、糠味噌漬けであれば糠床で発酵させますから、これほど酵素を取り入れやすい食材もなかったわけです。まさに日本の知恵です。

 

 

しかし、現在の日本の食卓から姿を消しかけているのも漬物なのです。漬物協会の調べによりますと、日本における漬物消費量は、ピーク時の1/3まで落ち込んでいて、回復の見込みは見出せない状況にあるそうです。

 

 

 

私たち日本人の食生活の西洋化が、酵素を取り入れる量をも減らしているとしたら、考えさせられる現実です。

 

酵素ドリンクによる置き換えダイエット法は、この不足しがちな酵素を、効率よく取り入れさせてくれる、実に合理的な方法でもあるのです。かつて糠味噌漬けが日本人にとっての典型的な酵素摂取法であったように、これからは酵素ドリンクが、それに代わって酵素を補う役割を果たすようになるのかもしれません。