ダイエット効果を高めるための5つの食べ物

ダイエット効果を高めるための5つの食べ物

女性にとって、ダイエットは永遠のテーマであり、常にダイエット本が売り出されていますし、色々なダイエット方法が世の中に日々出回っています。

 

そんなダイエットをしている時に、その効果を高めるための5つの食べ物についてご紹介したいと思います。

 

玄米で満腹に、そして咀嚼回数をアップ

 

主食に白米ではなく、玄米をとるようにしましょう。

 

玄米は白米よりも硬く、栄養価が高い食べ物と言うだけで、健康食としてもおすすめなのですが、硬いということは、必然的に咀嚼回数が増えるので、それによってダイエット効果があるのです。
消化がしやすくなるので、無駄なものが体に残りませんし、玄米の方が白米よりもお腹にたまるので、少ない量で満腹になります。

 

炭酸水で満腹中枢を刺激する

 

飲み物を飲むということは、どんな時でも必要なことです。

 

ダイエット中には、甘いものは控えて、お水を飲む量が増えるのではないでしょうか。その際に、普通のお水ではなく、炭酸水を飲みましょう。

 

炭酸水にはガスが入っているので、それだけでお腹が膨れて満腹中枢を刺激してくれるので、特に食べる前に飲むことによって、お腹がいっぱいでそんなにご飯が入らなくなるので、必然的に食べる量が少量となり、ダイエット効果があります。

 

唐辛子をかけて代謝をアップ

 

これは一時期はやった方法でもありますが、唐辛子を何にでもかけて食べるということです。

 

七味唐辛子でも一味唐辛子でもよいのですが、少量で燃えるような暑さを感じたいという方は、鷹の爪を少量かけてあげると良いでしょう。ただし、唐辛子の摂り過ぎは、刺激物ですから、肌荒れや胃を荒らしてしまうことになるので、適量をかけるようにしましょう。

 

 

飲み物も食べ物も常にホットを

 

食べ物というよりも、食べ方としてこだわっていただきたいのが、飲み物、そして食べ物、すべてホットを選びましょう。

 

冷たいものは体を冷やしてしまい、血の巡りが悪くなるので、これによって代謝が減退してしまうのです。ですので、常に温かいものを選んで食べましょう。

 

例えば、うどん、これも夏場は冷たいものが食べたい気もしますが、温うどんに七味をかけて食べれば、汗が出てきてデトックス効果もあり、ダイエットとしてもおすすめです。

 

 

朝のフルーツでカロリーオフ

 

フルーツなんて絶対にダイエット中はだめだと思うかもしれません。

 

しかし、朝一で食べるフルーツは、非常にダイエットに効果的なのです。というのも、フルーツには酵素が含まれているので、それによって、排泄効果があります。

 

さらに、胃が空っぽの状態にフルーツをとり、その後何も食べないことによって、最高でも30分で食べたフルーツのすべてが消化するので、体に残らないのです。

 

もちろん食べ過ぎはいけませんが、リンゴ1個だとか、マンゴー1個など、そのくらいであれば問題ありません。

 

ダイエットで食事制限をするのが辛いなという方、こんな食べ物を取り入れることで、自然と食べる量が減ったり、体の中に無駄なものを残さないので、ダイエットを助けてくれます。